ワーキングホリデーで来ていい?

IMG_1787

Ivorさんは 母と息子でお越しでした。

とても やさしい ママさんと 息子さん。

こうして考えてみると 日本人の家族では あまり 考えられない組み合わせでは ないでしょうか?

オーストラリアは 国土が広いので 家族単位で行動して 

みなさん 家族思いの方が 多いと聞きます。

日本人は 高校性位になると 親と一緒に 旅行なんて

しなくなる ましてや お母さんと息子だけ。

ママさんは あまり スキーが得意ではなくて 今回も 八方でこわ~い経験をしたので

すぐに 先生について レッスンされてました。

息子のMitchell君は とても 日本のこの環境が 気に入ったらしく

毎晩 すし勝で ごはんを食べながら 「ワーキングホリデーで

来ていいか?」と 言い出す始末。

ありがたいことです。

「日本語 勉強してくるんだよ」 

そうなんです。英語だけ出来ても 日本語もわかっていてくれないと

仕事ができませんから。。。

とても 素敵な ご家族です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です