みそ樽は 貴重です。

長野の味噌屋さん「すや亀」さんが 100年以上使っているみそ桶の修理を終え

みそ蔵に運び込まれた。。。。という記事が 信濃毎日新聞に載ってました。

木おけ職人は 日本に数人しかいないそうです。

約4.5トンの味噌を仕込める桶は ステラベラのみそ樽露天風呂の樽と

ほぼ同年代 同サイズ。

木おけは 高級みその仕込みに使われるそうで 木おけでなければ

独特の風味はでないそうです。

木おけの維持管理に多少手間がかかっても 文化の継承が貴重な職人の技を守る事になると

いう 精神は お風呂にして 木桶の風合いを肌で感じてもらう

「みそ樽露天風呂」にも 引き継がれているわけです。

この度 ステラベラが 英国の栄えあるラグジュアリートラベルガイドのアワードを受賞したのも

そのあたりの伝統継承が評価されたのかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です