白馬のもち米で草餅

さて あんこを入れたよもぎ餅を作った翌日は

白馬のもち米で作る 「草餅」(よもぎ)に挑戦。

前日に ミキサーで 湯がいたよもぎを 細かくしてあったので

それを使います。

いつもの 餅つき機に 半日つけておいたもち米を入れ

蒸してから 「つき」の行程へ。

ブルンブルンと機械が お餅つきを始め・・・

「草はいつのタイミングでいれるのか?」

前日に蒸かした上新粉によもぎの草を混ぜる作業が

意外と熱いし大変だったのを思い出して

あわてて半分位 入れてみる・・・・・

「あ、 餅は熱いうちにうて!」だったから 冷たい草を入れたら

その部分のもち米が どうなるのか・・・・

心配になって じーーっと見る・・・・

やはり 草が付いた部分は なかなか お餅にならず 周りに

残る・・・・・

「あーーー失敗か?」

残りの草は 温めてから投入。

しゃもじで 押し込みながら 時間延長で餅をつく。。。。

なかなか 米粒のぶつぶつが消えない・・・・

それでも なんとか 緑色のお餅になってくれて

まあまあのでき!

草をたくさん入れたので やわらかいお餅ですが

のして 堅くなったら 切り餅にします。

こちらは 冷凍保存もできるので ゆっくり食べまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です