オオカミこどもとらっきょう

富山県の山の中 細田 守監督の「オオカミこどもの雨と雪」の

舞台となった古い家が花の家として 復元展示されています。

映画もすばらしいですが この家も興味深く ノスタルジック。

外国からのお客様も結構来ているようです。

日頃から ボランティアの方に支えられている家ですが

先日は 地元の人たちが らっきょう採りをして

それを 始末している最中でした。

らっきょうって 浅葱のような葉は 捨てて

根っこの小さく膨らんだ所だけを 包丁で切り

さらに不要な根っこを切って ようやく1個!

大変手間です。

一つずつ 根気よく やってました。

「今年の漬けたらっきょう食べてみる?」

ご馳走になりました。

やっぱり 心温まる 花の家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です