サントリーの天然水 大町市でも!

大きな企業のない北アルプスにビッグなニュースが

飛び込んできました!

サントリーの天然水が 大町市に工場ができて

生産拠点となるそうです!

そこは 生産拠点でありながら、訪れた人が様々なコンテンツを通じて「サントリー天然水」

の価値に触れ、冷たくて清らかである、その「清冽なおいしさ」を体感できる新しい体験型施設をも併設とか。

また、今後は長野県や大町市と連携し、水資源を育む豊かな自然環境を保全する活動も展開していく予定。

白馬から車で20分ほど南の大町市は、黒部ダムを含む立山黒部アルペンルートの長野県側の入り口で有名。

四季折々の表情を魅せる3つの湖「仁科三湖」、紅葉の名勝地「高瀬渓谷」などがあり、「水が生まれるまち」

と称するにふさわしい自然の恵みと文化を有しています・・・と

新聞には書いてありました。

サントリーの南アルプスの工場へは 何度か見学に行きましたが

とても感動するものがありました。

自然いっぱいの北アルプスの水も そんな風に認められてなんだか

とてもうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です