お礼のコメントありがとう!

シンガポールから 1週間 パパが御嬢さん2人連れて

スキー旅行に来てくれました。

空港についた途端 飛行機に荷物が載っていない、というアクシデントに見舞われた

ご家族です。

とりあえず 白馬で スキーをしたものの レンタルしたジャケットの下に着る

シャツが何もない!

スキーレッスンをお願いした たけふみさんの娘さんの着なくなった洋服を

至急届けてもらって 2日目からは ちゃんと着る物を来て

スキーに専念!

何度か スキースクールでレッスンをして とても上手になったそうです。

お帰りになった後 その洋服のことで お礼のコメントを頂きました。

異国の地で パパ一人で 娘さんのTシャツに 泣かされるとは思ってもみなかったでしょう。

都会と違って そうそう 簡単に田舎では買えませんから!

毎日 いろいろハプニングがあるものです。

探りのメール

DSC02645

白馬はスキーシーズンだけ 外国からのお客様が本当に多いので

メールや電話も 当然 外国からのものが増えます。

先日 ある宿泊について変なメールが来ました。

お客様のお名前 宿泊の日程(過去のもの)が書いてあって

それについてのコミッションについて 伺いたい、という内容。

まったく初めてのメールで 外国の会社にコミッションを払うような

取引はないのです。

察するところ その人が 泊まったかどうかを探る

探偵なのではないかと 思われます。

旅行会社を装って 鎌をかけていたのか?

外国人の名前はどれもこれも 似たように難しく その人が本当に

泊まった人かどうかは わかりませんが

なんだか ぞっとするメールでした。

一切 お答えできません。と返しました。

それからは 聞いてきませんので やっぱり 何かの探りか・・・・

ありがとう!2タイムス トリップ!

DSC02660

ジュリアとエリックは 今シーズンは すでに2回目!

シンガポールから 今回は お友達もつれてきてくれました。

いつも 最初と最後の夜は 鮨勝で夕食をとってくれます。

前回は お正月明けすぐで まだ雪が少なかった頃でしたから

今回は 雨が降った朝もありましたが 白馬五竜から 素晴らしい景色も

ほとんど毎日堪能できて 喜んでくれました。

なんだか 気が付けば いつもの顔ぶれが 帰ってしまい あ~もうすぐ

2月も終わる―――、と思うと さびしいですね。

3月になると 週末以外は めっきり お客様が減ってくるので

調子がくるってしまいます。

まだまだ 滑れますからね~! 

シーズン後半です。

DSC02400

今日は 気温が上がり 空が晴れあがっています!

昨日の雨で 雪は 少しシャーベットになりつつありますが

積雪量は たっぷりです!

明日は 2月最後の週末で 日本の方が 増えます。

海外からのお客様は ほとんど 新幹線などでいらっしゃるので

駐車場利用が少ないですが だんだんに 駐車場の車の台数が

増えそうです。

ステラベラの送迎バスは 白馬五竜のバス停に 頻繁に

リクエストにあわせて 動いてますが

だんだん 減ってきそうな気配です。

2月いっぱいで ナイトシャトルバス 元気号バスは終了。

白馬バレーのバスも時刻が変わってきます。

シーズン後半を実感します。

屋根雪も落ちました!

DSC02648

今朝は びしょびしょの雨に降られ がっかりな感じの

スタートでした。

気温があがり 北側の屋根にへばりついていた屋根雪が

どーーかーーん と落ちました。

落ちるのはわかっていて 落ちてくれたのでよかったです。

ところが 長いことへばりついていた屋根雪というのは

氷の塊に近い状態なので 落ちると 割れて 少し 飛び散るのです。

それが みそ樽露天風呂の入り口の引き戸に当たり

ガラスが ちょこっと 割れてしまいました!

生温かい一日 おもったより 早く雨が上がってくれて日が出たので

よかったです。

落ちた屋根雪の処理に半日大変でした。

飛行機に荷物が載ってない!

DSC02491

先日 ロシアの航空会社から電話がありました。

今日からステラベラに宿泊されるお客様が今 成田空港に到着したのだけれど

誤って スキーの板が飛行機に乗ってなくて 明日遅れてこちらから送るので

間違いなくステラベラに泊まっているかどうかの確認をとりたいとのこと。

その翌日 中国の航空会社から 電話がありました。

今日からステラベラに宿泊されるシンガポールからのお客様が今 羽田空港に到着したのだけれど

誤って スーツケースが飛行機に乗ってなくて 明日遅れて こちらから送ります・・・

同じような事故です。

後者の方は お父さまが 2人の小さなお嬢様を連れての旅行で

お嬢様たちの 洋服などが入っているもの。

お客様到着後 翌日 お嬢様2人 薄いシャツに 薄いタイツで レンタルスキー屋さんへ行き

上下スキーウェア―を借りたものの 「寒い!」

夕方になって お父さまが 相談に来ました。

子供服は 近くで買えますか?

タクシーで行っても 間もなくお店が閉まるので 急がないと・・・

「シンガポールは 暑いので タクシー代をかけて 長袖を買っても 捨てて帰る事になるので

何とか方法はないか・・・・」

結局知り合いで同じ年くらいのお嬢様2人を持つ スキーのコーチのお宅に

お願いして お古を届けてもらいました。

「わーい」喜んだ! 喜んだ!

たった 半日でしたが 急な子供服の調達は 白馬では結構難しいことを 思い知らされました。

それにしても 海外の航空会社は いい加減ですね。

あと数日のにぎわい。。。

DSC02610

昨日は 雪のように見えて 雨

結構 悲惨なスキー場でした。

山頂は 雪でしたが 下で滑っていた人はびしょびしょ!

今日は 朝から 雪で お昼から 日がさしてきましたが

少し強い風が吹き 時々リフトが止まったりの ちょっと困った

コンディション。

「ウィンディー! ダッツ OK!」

雪は パウダーでしたので コルチナへ向かうお客様が多く

朝のタクシーは 1時間以上待っても来ないほどの人気!

ただ この沢山の外国のお客様も 2月とともに

引けて行ってしまいます。

あと数日のにぎわいとなります。さびしいわ~。

皆 3か国語いけちゃいます!

DSC02627

毎年 カンボジアから 来てくれる ご家族が

早朝の空港タクシーで お帰りになりました。

お父さんは フランス人

英語とフランス語 カンボジア語? いろいろ入り乱れています。

レオ君 トン君 ノア君 

ノア君は 鮨勝のこたつ席で イクラを食べるのが大好き!

最初 いくらがなくて ちょっと残念だったみたいで 大急ぎで 用意して

帰る前の日には いくら巻を食べることができました。

日本人の奥様とフランス人の旦那様のご家族も

日本語 英語 フランス語 3か国語がみなさんペラペラで

なんだか とっても素敵なご家族でした。

お休みの取り方 過ごし方が 日本とずいぶん違うな~とつくづく思います。

ドラマのような毎日

DSC02642

こういうリゾートホテル業をやっていますと 毎日本当に

いろいろなことが起きます!

とんでもないハプニング 結構いろいろあるのです。

今日は 参りました・・・・

午後3時半ごろ ちょっとフロントを外して 戻ると変な音・・・

見ると 照明器具や暖房器具 換気扇から 急に水がザーザー

みるみる内に 床が水たまり!フロントが大雨です!

一瞬何が起こったのか 頭が真っ白!

すぐ上の2階へ駆け上がって客室を見ても 異常なし・・・・

「なんで?」

結局3階の和室の洗面所の流しにタオルが落ちて 栓となって

落ちた拍子に水のレバーが下がって 水が ザーザー

シンクからあふれた水が 床から下の階まで 流れてしまったのです。

フロントで大雨状態の時に限って チェックインが続き 国際電話のオペレーター通話を

したいとか 次から次にお客様が来て フロントで傘をさす暇もなし。。

すぐに原因がわかって 被害がフロントだけだったのが 不幸中の幸い。

ドラマのような 毎日です。。。。

ぱぴぷぺぽ 言えるようになりました。

DSC02622

私ごとですが 今年の1月12日ごろから 顔面が麻痺して

顔半分動かなくなりました。

その1週間前から 耳の後ろが痛くて 痛み止めを飲んでましたが

効かなくて 変だな~ と思いつつも 忙しくしていたら

顔が固い感じになり それと同時に 味覚障害がでて

食べると ろうそくをかじっているような味がして

さらに 飲み物を飲むと 口が動かないので こぼれてしまう・・・・

という 大変な事態になったのです。

翌日急いで 耳鼻咽喉科に行ったときには 顔半分歪んでました。

入院するわけにもいかず 毎日点滴に通って それから 飲み薬に変えて。。。

3週間ほどしてようやく 顔が少しずつ 神経がよみがえって動くようになりました。

4週間で ほぼ 治ったかと自分では思っています。

まだ もう1回病院へ行かなければなりませんが 昨日で 飲み薬も終わり。

1か月以上 薬を飲む経験は 初めてでした。

顔面麻痺の際は フロントで 「いや~な感じのおばはん」と思われたお客様も

多かったと思います。

笑えないのです、顔が動かないから。

目も瞬きできないので 変な感じでした。

唇が動かないので 発音も変でした。特にパ ピ プ ペ ポとかが

難しかった~。

ようやく 治りました!