あんこ 食べ放題!

先日 白馬の森の女性で作る 花好きの有志の集まり「コスモスの会」の

最後の作業がありました。

ホテルの仕事の途中で抜けて 行ってみると すでに花壇の花は刈り取られて 冬支度万端。

やる気満々で 鎌を持って 駆け付けたのに 作業せず お茶会だけの参加になってしまいました。

しかも 午後には 「おいしいあんこを作ったから あんみつパーティーやらない?」と

甘~いお誘い!

うれしいじゃ ありませんか! 行きましたよ!

ホーローのお鍋に 一杯粒あんができていて

「あんこ 食べ放題!各自で 好きなだけ みつまめに乗せて!」

そう言われても あんこってそうそう 欲張って食べれるものではありません。

お昼ご飯のすぐ後だし。。。。

でも 市販のあんこと違って 豆の香がしっかりあって あずきのうま味が

きちんと味わえました。

こんな 仲間がいてくれて 小春日和の 昼下がり

楽しい時間が過ごせました。

松本 中華は れいざん

先日 久しぶりに松本のチャイニーズレストラン 「れいざん」へ

行けました。

信州大学病院のすぐ近くですが 路地を入るので

なかなか見つけずらい場所にあります。

それでも 知る人は わざわざ 遠方から 食べにいらっしゃるそうです。

丁寧な仕込をしても 余ったら 翌日に回せない 職人魂そのもの!

本場 中国から 選び抜かれた 調味料を使っているので

黒酢でも お醤油 お酢 からし・・・・スーパーに売っている市販品とは

味が違うのです。

油っこくなくて ジャスミンティーとの相性も抜群。

やっぱり 中でも 酢豚は 格別かな?

素敵なご夫妻と息子さんとが主になって やっている小さなお店ですが

その人柄があふれて 長く愛されているのが よくわかります。

秘密の場所、見つけた!

先日 鬼無里へ行った時 たまたま 鬼無里の文化遺産を調査しているNPO法人の人に出会いました。

「是非 松厳寺へ行ってみて!素晴らしい天井画が残されているんだから」

鬼無里の集落の真ん中ですが 細い道を上るので わかりずらいですが

「こんなところに こんな お寺が!」という感じでした。

庫裏で声をかけて 中へ入ると 本当に 広い本堂から続くお座敷の天井に

天井画が びっしり!

約200枚あるそうです。

110年前の農民芸術ということですが 作者も色々なのかと思わせる作風。

俳句が書いてある絵も 沢山ありましたが 達筆すぎて ひとつも 読めませんでした。

なぜか 絵の方向も あっちむいたり こっち向いたり 規則性がわからないものも

ありましたが なかなか素敵です。

北斎の天井画というわけには 行きませんが 規模はもっとすごいです。

木彫りの欄間も 沢山ありました。

「こんな 素晴らしい財産があるのに 鬼無里の人は 発信が下手だから

埋もれちゃってるんですよ」

まさに その通りだと思いました。

知られてない秘密の場所、見つけた!ていう感じです。

上田城 イチョウの黄色

上田城の紅葉祭りに昼間行ってきました。

上田城の紅葉は、サクラ、イチョウ、ケヤキ、モミジ、カエデなどが色付きます。

特に イチョウの黄色が 青空に映えて きれいでした。

菊花展も開催されて 見事に 数百の花をつけた

堂々たる菊の大鉢が 沢山並んでいました。

上田城のケヤキ並木の紅葉のライトアップは とても素晴らしいそうですが

なかなか 夜に出ることはできません。

日本夜景遺産にも 認定されているそうです。

白馬には なぜか イチョウの木はありませんので

新鮮な黄色です。

八千穂高原 白樺林

日本一の白樺林のある 八千穂高原へ行きました。

以前 6月にレンゲつつじのオレンジ 若葉の黄緑 そして 白樺の林の幹の白の

3色の景観に感動した場所です。

この時期は 葉も落ち 花もありませんが 白樺の樹形が見れて

白い幹は そのままに残った 白と茶の世界でした。

そこから車でメルヘン街道を少し走ると・・・・

なんと!鹿が 何頭もいるではありませんか!

こんなに いっぺんに鹿をみたのは 修学旅行で奈良へ行って以来です!

オスの鹿の角は 怖いぐらい とんがってました。

ワイルドですね。

でも 地元にとっては ニッコウキスゲなど花や作物を荒らして

生態系が崩れるため 厄介者扱いです。

これは 鹿ではありませんよ~。

白馬岩岳 マウンテンバイク

今日は 白馬岩岳で マウンテンバイクに挑戦です!

紅葉の美しい山を見ながらゴンドラで上がり 山頂に周遊コースが!

グローブをつけて ヘルメットもバイクもレンタルして 準備は万端。

すでに ブレーキの練習もばっちり!

さーーあ スタート!

。。。。。。いきなり急な坂 しかも 細くて アップダウン・・・・

「こわーです―――! 」

ブレーキを勢いよくかけると 体がとばされるので そっとかけても

坂ですから どんどんスピードがでます!

初めての私には コントロール不能!転べば 斜面をどこまでも転がりそう。。。

こわい!と思ってしまうと もう ダメです。

皆さんにご迷惑をかけるので ほとんど 歩いておりました。。。

トホホです。

その後は 上り 張り切って 漕ぎましたが 急な坂は 足がつりそうになって それ以上

上るのは不可。カーブでスピードが落ちると 止まってしまいます。

でも 上りは ほとんどの人が 苦労して えっちらおっちら。

もう 心臓がバクバクで 汗がびっしょり!

その後 参加の半分の人は 今年できたダウンヒルコースに挑戦!

約7キロ ひたすら降りるコースに挑みました。

全員無事 帰ってきましたが スキーも指導員クラスの人たちも 余裕なし。

実は 一緒に行った 主人も 完走してきました。

すごいです!もう 尊敬です!

かなり 本格的なコース 「いいコースですね」と 何度もダウンヒルを降りていた

遠方からわざわざ来ていた男性たちは 感激して挑んでました。

評判がいいので 誘客も4倍に増えたそうです。

素晴らしい体験ができたけど 体がたがたの一日でした。

晩秋 車山ドライブ

晩秋の車山高原へ ドライブです。

サンセットの時間に合わせて 蓼科から 松本方面へ車山高原を走りました。

目の前に広がる 紅葉して黄色くなった唐松に覆われた 山の起伏が見事です。

八ヶ岳連峰の向こうに なんと 富士山も見えました!

カーブを曲がるたびに 目の前に 続く 晩秋の山肌が素晴らしいです!

だんだんに 南アルプスの山並みが シルエットになり その向こうに

オレンジの光が 背景となって 日が沈んでいきました。

晩秋のサンセット 贅沢な時間でした。

鬼無里のカフェで一句

先日 小春日和に誘われて 急遽 

俳句の会は 紅葉を見がてらの 吟行をすることになり

鬼無里へ出掛けました。

おやきで有名な 「いろは堂」さんの 店舗となりのカフェで

女子会

最初は 川を背に紅葉の囲まれたお庭のベンチに席をとりましたが

さすがに 寒いので 中へ

普通の日本の古民家づくりの母屋とは ま反対 北欧のインテリア

食器も イッタラや アラビアの 北欧食器。

ランチは スープと 選べるおやき2種 そして サラダにコーヒーがつきます。

吟行のはずが 普通の女子会になってしまいました。。。。

でも 景色の素晴らしく おやきもおいしくて 

おしゃべりに花が咲いてしまうのです。

寒い!外はみぞれ!

外は みぞれ!いよいよ 里にも初雪か!

雨とみぞれの間みたいな 積もらない ぼたぼた状態ですが

今日は 予報通り 冷え込んで 外は寒いです。

せっかくの紅葉が 風で葉っぱが まとまって落ちていきます。

でも 雨にあらわれて きいろや 赤が とてもきれいです。

外に出ると 広すぎて 焦点が分散しますが

家の中から 窓越しに 外を見るのが 私は好きです。

紅葉のきれいな部分だけを 切り取って額に入れたみたいな

紅葉狩りが楽しめます。

少しずつ 冬に近づきますね。

素晴らし景色は 一瞬です。

台風の影響で 今日は雨。

白馬五竜もゴンドラの営業も一応 今日で終了。

スキーシーズンの準備に入ります。

これは 3日前 とてもお天気が良かった日に 地蔵の頭へ登りました。

すでに 展望リフトは動いてませんでしたから テレキャビンの山頂駅から

上りでずーーっと歩きです。

上り、上り、上りですから 結構息が切れますが

山歩きの達人たちと一緒に行ったので だまされて一気に上がりました。

どこまで行っても 素晴らしい景色でした。

もう この景色は 来年まで見れませんね。

上ったご褒美は 手作りぶどう!庭でできたものをごちそうになりましたが

ものすごく甘かったです!