白馬 静かです。

紅葉シーズンには 少し早めなのか 白馬は 静かです。

栂池高原へ行かれた方の話では 栂池高原の上は もうピークなので

そろそろ終わるよ、とのことです。

標高2000メートル当たりの話です。

だんだん 冷え込むにつれ 紅葉が下りてきそうですね。

さて ご近所で ペンションをされてた方が 引っ越されていきました。

理由は 高齢になったから・・・

商売をせずに ひっそりと住むには 雪深いと除雪が大変なので

南の暖かいところで余生を過ごすそうです。

なんだか 寂しいですね。

JR大糸線 本数少ないね。

JR大糸線 本当に本数が少ないです。

今日も北アルプスを縦走され 昨日山から下りてきたお客様が

時刻表とにらめっこして 困り顔。

「神城駅、朝7時53分のあと 10時31分までないんだね。」

「8時台 9時台に1本もないんだぁ~」

あとは 帰るだけの行程ですが 中途半端な時間に 

ため息です。

しかも 10時31分を逃すと 12時33分まで 2時間以上ありません。

車社会の田舎では 村民も学生以外 毎日電車に乗る人はなく

衰退する一方。

皆で時々 電車になるように 生活習慣を変えればいいんだけど

駅から荷物をもって歩くのも嫌だしね~。

うまくいきませんね。

ちなみに 写真は 白馬駅!

オクトーバークラフトフェア

今年も またまた 白馬の若者たちが それぞれのパワーを持ち寄って

クラフトフェアを土日 2日間 開催してくれました!

会場は 飯森の東側の 白馬 森のわさび園

今年オープンのオートキャンプ場にもなっている 丘陵地

ビアフェスタでもおなじみの仲間が集結した感じです。

テーマは クラフトですので 陶芸 手芸 染色 毛糸アート 縫い物 木工 アクセサリー・・・

そのほか 食べ物屋さんも出ていました。

エスカルプラザ(白馬五竜)の果物屋さんに飾ってあった リンゴのアートに

なぜか 感激ですが 売り物では ありませんでした!

あまり 長時間滞在できなかったのですが 星の形の木工細工を買ってしまいました!

ステラベラなんで・・・

長蛇の列にびっくり!

連休はそこそこお天気に恵まれ 穏やかに過ごせてよかったです。

秋になると 地元では いろいろなイベントがあります。小さいですが・・・

中野で一日限りのブドウ祭りをやっているというので 早速土曜日に行ってみました・・・

が 会場に行ってびっくり!

長蛇の列!

長野県では 見たことがないほどの 長蛇の列!

最後尾には 「ここが最後尾」という札を持った人がいました。

こんな光景は テレビでしか見たことがありません。

約2時間待ち さらに 中へ入って どのくらい並ぶのか・・・・

並んで ブドウを買った所で どれだけ 安く買えるのか・・・

行列して待つ習慣がない私たちは すぐに 諦めました。

昨年はこのイベント(ブドウを買う)のに 3000人集まったそうで 今年もさらに上回る人が

集結したようです。

それだけ ブドウ人気があるということは いいこと!

結局近くの道の駅で買いました。

ブドウの季節

須高のブドウ園に行ってみました。

桃が終わり 信州の果物は 今 なんといってもぶどう!

ただ 今年は 夏の日照時間不足から 出来は今一つみたいです。。。

一昔前の巨峰は 割とお手頃価格

でも 売値が安いブドウより 高く売れるブドウを作る農家が増えたため

目立つのは ナガノパープルや シャインマスカット

味はマスカットで みずみずしい シャインマスカットは

大き目で一房 1200円くらいが相場です。

巨峰で400円くらいかな?

手間がかかり 天候に左右される果物は

やはり 高級品ですね。

シャインマスカットは それなりに おいしいのは 間違いないけど

影をひそめる巨峰も やっぱりおいしいと思います。

さすがの世界一、日本一

富山環水公園から 富岩水上ラインで素晴らしい 航海?を堪能した後

やっぱり立ち寄るのは

世界一美しいスターバックスを受賞した

スターバックス 富山環水公園店で お茶。

さすがに 3時ともなると 平日でもレジにすごい行列で

かなり待たされます。

売上も日本一と聞きました。

環水公園の景色を ここで数時間すっかり楽しんだ後なので 景色を改めて

感動ということはないのですが 計算された都市計画にホント 脱帽ですね。

中央の橋がきれいですが 時間によっては 夕日、ライトアップされた夜景

そして季節により 桜、花火 紅葉 雪景色・・・・

と 様変わりする表情が堪能できます。

この橋の向かい岸にこの夏 富山県立美術館もオープン(お引越ししてきました)

屋上のオブジェが見えます。

環水公園のすぐ隣には とても立派な建物が・・・ どこかの宮殿かと思うくらい

立派な建物は なんと市民体育館! 向かいは コンベンションセンター!

石畳みの道で とても おしゃれです。

ちなみに 富山環水公園の駐車場は 無料です。

富岩水上ライン 運河クルーズ

白馬から およそ2時間 富山市の富山環水公園から

船に乗るツアーがあります。

今回 タイミングが合って 乗ることができ 想像以上のすばらしさに

大感激でした!

環水公園から中島閘門を通り、岩瀬を結ぶ運河クルーズ「富岩水上ライン」

中島閘門(こうもん)は、富岩運河の建設にあわせて、昭和9年に造られ、水位差を二対の扉で調節するパナマ運河方式で、

ヨーロッパで発達した水運技術だそうです。

高低差2.5mもの迫力ある「水のエレベーター」いわゆる運河を体験できるのは日本ではここだけ!

運河の両岸は 公園として 整備されていて 憩の場になっているのにも

驚きです。

お話の上手な ガイドさんが 色々な角度から 全部説明してくれます。

ほーら だんだん 水が抜けて 水位が下がってきましたよ!

別の中島閘門の操舵室見学のツアーの人たちが橋の上から見ています。

海側と 水位がそろった所で 開門。

出発すると間もなく ここから 海の柱が見えました!

淡水と海水が混ざる 汽水域ですね。

さらに進むと 工場や発電所、中古車やスクラップなど 輸出品が並ぶ

小さいけど国際港らしい 沿岸そして 富山湾の白い灯台が見えます。

間もなく 北前船の交流で 繁栄した岩瀬に到着

ここからは ライトレイル(モダンな電気の路面電車)で富山駅まで 帰ります。

運河体験がこんなに手軽に楽しめ 富山の歴史を少し知り

約60分の船旅と現代のライトレールにのって 1500円!

とにかく 内容の濃さと 富山の観光の充実に感動です!

白馬三山がきれい!

なんと皮肉なことでしょう。

連休が終わり 台風の中 お越しいただいたお客様がお帰りになったら

こんなに 美しい白馬三山が顔を出しました。

里の田んぼは ほどよく黄金色に色づいて 稲刈りもそろそろでしょうか。

秋の景色に 色を添えてくれてます。

朝もやがすごくて かなり低い位置に 雲海がよどんでいるのが

よくわかります。

松川のところで 写真を撮ろうと思ったら 川の蒸気のでいでしょうか

すっかりホワイトアウト!

真っ白で山も何もかも まったく見えませんでした。

少し離れたら こんなに 白馬三山がきれいでした!

紫米の栗おこわ

白馬村の神城地区のお祭り

台風や連休に重なって いけませんでした。

でも 地元のおばあちゃんが朝 ちゃんと届けてくれました!

白馬の名産 紫米の栗入り 炊き込みおこわ!

ごまがかかっていて 大きなお弁当箱に 2つもいただきました!

ついでに 自分のところで採れたミョウガもおすそ分けで!

今日は 紫米の栗おこわに なすとミョウガのお味噌汁 そして おかず・・・

そんな 祝い膳で景気づけです!

台風が お客様もさらって行っちゃったからね。

台風18号これから接近

今夜から明日にかけて 台風18号が

長野県に接近するそうです。

白馬は 北アルプスに守られているため 日本海側を通る台風は

さほど影響なく すんでしまう場合が多いです。

今日も 雨、風は たいしたことなくて 黒部ダムや戸隠へ

行かれたお客様が ご宿泊です。

「寒かったけど すいてました、ガラガラ~」

なにも連休に台風が来なくても・・・・とつくづく思います。。。

日本のあちこちで イベントもたくさん開催予定でしたが 

どうなったのでしょうか?

リンゴ農家さんは 台風に備えて 網掛けなど 大変ですが

農作物への被害は どうにもなりませんからね。

祈るばかりです。