創造開発研究会のセミナー

恒例の創造開発研究会のセミナーが 今年も秋の部

ステラベラで開催されました。

インダストリアルデザインに関係する方を中心にした

会ですが あまり関係ない方もいらしゃいます。

100年人生を考える、講和の他

長野県のリンゴや 産業の歴史 現状など 知られてない事を

別の角度でまとめた興味深い話は とても 勉強になりました。

2部では 畳に足をのばして リラックスしながら

なかなか行けない長野県周辺の山や峠、滝などをまとめた動画

そして NHK小さな旅に出演したメンバーの メイキングビデオなど

飲んで 笑って 今年も楽しい会でした。

チェックアウト後は 岩岳のマウンテンハーバー、最終日なので

おすすめして 希望者は 出かけました。

とても お天気が良くて

素晴らしかったようです。

白馬の素晴らしさを知って帰って頂き 良かったかなと思います。

浅間山 きれいでした。

白馬は 晩秋を迎え そろそろ冬の準備に

そわそわする時期に移ります。

この週末で 最後まで動いていた 岩岳のゴンドラも営業終了に

なります。

先日 東京からの帰り 上信越道を通りましたが

浅間山がとてもきれいでした。

これからは 群馬県あたりの紅葉が いいかもしれません。

北アルプスは もう雪待ち。 白馬あたりの山麓は 標高が高いので

紅葉は 終盤です。

なんだか 一番寂しい時期に入っていきます。。。

東京で夜景

ホテルは 休館で 東京へ 行って参りました。

ハロウィンで大賑わいだった10月とは 打って変わって

クリスマス色で なんだか ロマンチック!

イルミネーションも あちこちで きれい!

久し振りに 都会の夜景を楽しみました。

日頃 自然の山ばかり見ているので 人工物ばかりの

都会の景色が 「固い」しっかりとした 直線でできていて

逆に 非現実的で 新鮮です。

また 大江戸博物館にも 行ったりして すっかりおのぼりさんです。

気のせいか 都心の車の渋滞が緩和されている気がしました。

どこへ 行っても スイスイだったので・・・

白馬へ戻ると 夜の外の暗さが一層 晩秋を感じさせます。

人気!マウンテンバイク!

白馬岩岳に今年マウンテンハーバーがオープンして

今やかなり話題の人気スポットになっています。

もともと 岩岳は マウンテンバイクのコースにも力を

入れていたので 先日出かけた時も 景色を見る観光の人と

マウンテンバイクを楽しむ人と 共存していました。

日本らしからぬ カナダみたいな光景でした。

ゴンドラには マウンテンバイクが1台しかサイドに 載せられないので

1台ずつ 他の人の載っているゴンドラにも構わず 載せて運びます。

昨年 恐怖の初マウンテンバイクを挑戦して いまだに「こわい!」という

記憶しかありませんが これは 完全にスポーツです。

スノーボードやスケートボードと同じような バランス感覚とスピードを

楽しむスポーツです。

始めから 石ぼこぼこの傾斜地で 乗ろうというのには 無理がありました。。。。

若い人 そして そうでない人も 日本人も外国人も 

沢山の愛好家がいるのに 驚かされます。

自然を生かしたスポーツが ますます盛んになることは

いいことですね。

ただし ここも 11日で秋営業は終了です。

大出の吊橋と三段紅葉

白馬駅の少し東南に大出の吊橋があります。

春の桜の頃 そしてこの紅葉の頃

白馬三山をバックに 吊橋 民家 川 樹木・・・

田舎の景色が凝縮されたような場所なので 多くの人が立ち寄ります。

橋自体は 小さなものです。

橋のたもとの一角には 地元の方のお墓があります。

都会の方は これを見ただけで 「えー お墓?」と

怪訝な顔をされる場合もあります。

今は 白馬三山も白く雪化粧して いわゆる三段紅葉

とてもきれいです。

中腹の紅葉色が少し 褪せ始めてますが まだまだ いい感じ!

白馬岩岳以外 山へ登るゴンドラは 止まってますが

ドライブだけでも 素敵ですよ。

感動!ハクバマウンテンハーバー(岩岳)

10月6日にオープンした白馬岩岳のマウンテンハーバーの

絶景テラスへ ようやく行くことができました!

あまりの素晴らしさに 久々に感動!

2日続けて お天気が良かったので 連続で出かけてしまいましたが

地元にいても 景色の素晴らしさと雄大さに

あらためて驚いています。

北アルプスは すでに 雪をかぶり 中腹の紅葉は終盤ですが それなりに

黄金色に輝き 約300度位の視界に 北アルプスが

何の人工物を見ることなく 迫っています。

空中にいるような感覚。

多くの人が来ていました。

ここではマウンテンバイクの本格的なコースもあるので (昨年の恐怖体験がよみがえりますが)

スポーツと観光とが融合した感じで

カナダのロッキーにでもいる位 現実離れした特別感が

あります。

絶対 おすすめですが 秋の営業は11月11日までです!

塩尻市 古田晃記念館を訪ねて

古田晃 という人を知っている人がどれくらいいるでしょうか?

私も全然知りませんでした。

筑摩書房の創立者という但し書きをつけると

「あーー」と 何となく・・・でも 知らない

塩尻市に ご遺族から古田氏の生家、庭園 土蔵を寄付されて

現在 記念館として 塩尻市が管理をしています。

太宰治と親交があり 直筆の手紙や掛け軸などが展示されています。

実は 古田晃さんは 私の遠い親戚にあたるようです。

古田氏が アメリカに渡っていた際に まるで兄弟のように過ごした

私の叔父が 今回そのルーツを探るために 日本に来て

塩尻市の方と面会しました。

市の職員 新聞社の方まで10数名が集まって 大歓迎。

日本での活躍はわかっていても アメリカ時代の資料がなくて

叔父の証言が大変貴重なのだということです。 

小さな小さな記念館です。

建物は 国登録有形文化財に登録されているそうですが

本当に小さなものですが きれいに管理されています。

入館無料 塩尻市 小田駅の近くです。

北アルプス山頂付近は 白いです。

朝晩の気温が一桁になり 寒くなってきました!

ホテルの周りは 紅葉がきれいですが 北アルプスを見上げれば

山頂は うっすらですが 雪化粧しています。

今日あたり 東北などあちらこちらで 少し遅めの初冠雪の便りが

聞こえてきますが 白馬は 10月2日に一度降ってから ときどき

ちらほら降ってましたので 初冠雪ではありません。

10月29日に立山黒部アルペンルートへ 上った方々は

吹雪で大変だったそうです。(小吹雪だと思いますが)

雪の便りが聞こえてくると 冬の準備に拍車がかかります。

10月も今日で終わり 明日から 11月ですね。

葉っぱ遊び

唐松までも黄色くなり始めて 本当にホテルにいながら

紅葉を楽しめます。

レストランからの景色もとてもきれい!

ホテル前の坂を上っても 下っても どこを見ても

色々な葉っぱが紅葉していたり 木の実があったり

足元には 知らないキノコが生えていたり。。。

お孫ちゃんとお散歩して いろいろな葉っぱを集めました。

葉っぱのお皿に 白いケーキ その上に山ブドウの実をトッピングして

豪華なデザートができました!

カエデだけでもいろいろな種類がありますので 楽しいです。

イロハカエデ イタヤカエデ ウリハダカエデ アサノハカエデ・・・

なかなか見ただけでは名前がわかりませんが

本当にいろいろな種類のカエデが楽しめます。

気持ちわる~ なんだ~?

この気持ちの悪いものは 何でしょう?

ホテル前の雑木林の中に 生えている

「マムシ草」

初夏に まるで コブラのような三角頭の蛇が

首を長くして 林の中で外を見回しているような

変な形の草があります。

草の葉は緑 頭は 斑が入ったような縞模様です。

それが 秋になると 短めのトウモロコシのようなつぶつぶぎっしりの

実をつけます。

ただし 真っ赤!

赤い塊の時は まるで 赤いとうもろこしですが

その赤い周りの実が 少しずつ落ちて 中が黒いのが不気味

実のついていたところに 白っぽい斑点があるから

ますます おぞましい感じです。

今 かなり 赤い実が落ちてしまって 中の黒い不気味な芯が

へちゃーーっと 曲がってしまったから ますます奇妙

お孫ちゃんは 怖いもの見たさで 毎日 見に行っては 

「こわーーい」と言います。

枯れた葉も 黄色く まるで 「うらめしや~」とでも

言っているかのような手のような形で ベロンとたれているので

気持ち悪いです。