スノーフェスティバルの花火

昨晩は 恒例の白馬五竜スノーフェスティバルでした。

知っている方も いらっしゃいましたが

「えー?そうなんですか?」と

知らずに予約された方も。

最後の花火は ホテルからでも ポーンポーンという

音と共に 楽しむことができました。

木々の隙間からになりますが 立て続けに上がって 澄んだ空気に

キラめいて 本当に素敵でした!

フェスティバルが終わると 白馬五竜スキー場も 一気に

シーズン終わりへと向かう気がします。

今年は雪解けが早いので 余計に寂しさいっぱい。。。

そして シーズンの疲れがどどーーっときます。。。

ご予約人数は正確に。。。

ステラベラでは 最寄の神城駅 又は最寄の白馬五竜バス停へ

事前にご連絡があればお迎えに参ります。

お帰りの際も お送りしてます。

特急あずさ利用の場合は 神城駅に停まらないので

白馬駅へも行ってます。

外国人の場合 2人かと思うと 1人だけということがあります。

ルームチャージでツインルームなど予約された場合

1人でも2人でも料金が変わらないので そこまで細かく見られない方が

多いのです。

逆に 2人だと思ったら 子供さんがぞろぞろ・・・・

中国系の方によくあります。

もちろん 追加料金を頂くことになりますが お部屋のセットなど

バタバタで用意するはめになります。

旅館さん等の場合 豪華なお品数の多いお料理を急きょ作らなくてはならなくて

困った!という話もよく聞きます。

日本人の場合は 予約数と実際にいらっしゃる方の人数が違う場合

連絡なしということはまずありません。

これもお国柄ですかね?

当たり前が当たり前ではない時に ほんと 慌てちゃう!

雪降りました!

今朝は 窓からの反射光がまぶしい!位明るい朝。

ホテル周辺も 一面真っ白でした。

山頂は 25cmの積雪です!

山麓こそ5cmほどでしたが 人工降雪機をぶんぶん回してました。

今朝は 皆お客様も早起きで 7時半ごろからそわそわと

出かける姿がありました!

「まだ リフト動いてないよーー」と思いましたが 止められません。

SNSですでに情報を入手してますから 行動が早いです。

ゴンドラ一番乗りで 滑ったら それはそれは いいでしょうね~。

明日は 白馬五竜のフェスティバル 

多くのお客様に楽しんでいただきたいです!

シニアのスキークラブ

午後になって しっかり雪になってきました!

ここ数日 「雪」予報がでても なかなか里まで降りませんでしたが

真冬を思わせる勢いで現在降ってます。

ただし 今日の深夜まで。

明日は天気が回復してしまうから たいした積雪は望めないにしても

10cm いや15cm位 降ってくれると

ゲレンデもいい感じになるのですが・・・・

新潟の柏崎からシニアのスキークラブの方にご利用頂きました。

80歳以上の方もいらしてて みなさんキビキビとすごくお元気!

シーズン5回 泊まりのツアーをするそうです。

お酒も強いし まとまりがあって 本当に素晴らしいです。

今日は 降ってるので視界が悪くて あまりいいコンディションでは

無かったみたいでちょっと残念。

また 来年お待ちしてます!

「鮨勝」今季もありがとうございました。

ステラベラの姉妹店 「鮨勝」が

昨日でこの冬の営業を終了しました。

少し早めの閉店ですが 最終日もとても賑わったようです。

外国のお客様は せっかく日本に来たのだから・・・と

日本食を好む傾向があって おかげさまで連日そこそこの客入りで

無事に最終日を迎えられたようです。

お刺身の盛り合わせとお酒がどんどん出る日もあれば 半分以上小さなお子様で

保育園状態の日もあったそうです。

寿司ネタがなくなるほどお寿司が出たり はたまた お肉がなくなるほどとんかつばかり

出たり と日によって いろいろ。

泣いたり笑ったりの約3か月 ステラベラのお客様もたくさんご利用頂きました。

スキー場のシーズンは まだまだ1か月以上 (予定では上部5月上旬)

ありますが 少しずつ シーズンの終わりが近いことを感じることが

多くなってきました。

だんだんに寂しくなる今日この頃です。

スキー、ボード送って頂いていいですよ!

最近多い電話は

「ちょっと伺いたいんですが スキーを事前に宅急便で送って

預かって頂くことはできますか?」

「はい お預かりできますよ」

とても 特別なお願いのように 謙虚に質問されるのです。

「ダメ!」という 宿があるのでしょうか?

都会のビジネスホテルなどは ダメな所もあるのでしょうけど

スキーやスノーボードという 大型の道具や 長期滞在のお荷物を

宅急便で送るというのは 今やごくごく普通の手段だと思っていました。

今や外国人でも ブラックキャットと言って 次のホテルへ送ったり

空港へ大物を先に送ったりしています。

もちろん 黙って送るのではなくて 礼儀として 丁寧に

「荷物を送りますので 受取をお願いします」というお電話もよくあります。

でも 「受け取りが可能か?」と聞かれてしまうと やはり

どこかのお宿さんでは 「ダメ!」と言っているのかなと思ってしまいます。

どうなんでしょうか?

春だけど 雪です!

今日は 午前中雪の予報が 残念ながら 山麓では はずれ!

雨になってしまいました。。。。

ホテル周辺の雪がまた一段と溶けて・・・・

山頂は 朝からずっと雪でした。

そして 夕方には ホテル周りも「雪」

なんだか 久しぶりの雪です!

勢い良く降っていますが やはり春の雪

沢山積もるというのは まぼろしでしょう。

でも なんだか 「雪だあー」と皆テンション上がってます。

週間予報では 7日ごろも 雪マークが出ています。

あと一振りして 少しでもシーズンを伸ばしたいところです。

3月になると 1泊2日で スノーボード あるいは 1泊半日スノーボードという

あわただしい 外国人も増えています。

とにかく やはり 雪はいいです。

バリ島からのご家族

フランス人ですが 現在インドネシアに住んでる

グレゴリーさんファミリーは とても気さく!

いつも コーヒーを持って煙草を外に吸いに行きます。

その行きかえりに ちょっとした ジョークを言ったりして

いつもニコニコ

上のお兄さんは これから 香港 

下の弟とパパは インドネシアのバリへ戻るそうです。

親子で浴衣をきて 毎日 みそ樽露天風呂へ入ってました。

「引きずっちゃ ダメよ!」

大きな浴衣をずるずると着ているので たくし上げたりして

ついつい ママ役をしました。

明るいファミリーで 帰っちゃうのがとても寂しいです。

また来てくださいね。

イギリスの理科の先生?

イギリスから来たおじ様2人。

大きなカメラを抱えて あまりスキーをせずに 毎日 いろいろな所へ

出歩いてました。

「コノヘンニ ドウブツ イルカイ?」

変なことを聞いてくるな、と思ったら 夜散歩をしていたら

川の向こうの山側に 親子の熊がいた、と言うではありませんか!

「マダ― アンド ヤング ベアーズ!」

カモシカとかではなくて 本当にいたというのです。

人の気配を感じて 山へ逃げたそうです。

そうかと思えば 小布施で イギリスでよく見る「ムスカリ」の鉢があったので

「プレゼント フォー ユー」と

かわいらしい鉢を頂きました。

小さなブドウみたいでかわいい、ムスカリ

何んとか、という英語名を言ってましたけど 聞きそびれました。

イギリスのガーデンでは 一面に咲いて とてもポピュラーなんですって。

もしかして 理科の先生だったのかなあ? 

アイフォーン落としちゃった!

台湾と香港からのクリスティーナとリイーさん

もう4年も来ていただいてます。

日本語が少しわかるのか 必ず公式ホームページで

お夕食付で申し込まれます。

外国人には 珍しいです。

今回は ゲレンデで アイフォーンを落としてしまい エスカルプラザの

遺失物で調べてもらいましたが 届けが無くてがっかり。

念のため いいもりと白馬47の事務所にも問い合わせる様に 言われたと

私のところへ来たので いいもりに電話したら すんなりと

「ありますよ 届いてます。外国人らしき人の紫のカバーのもの・・・」

特徴もぴったり!

翌日 無事 手元に戻りました!

ジャパンミラクルですね。

また来年 お待ちしてまーーす!