豊かな感性でできたお洋服

DSC00781

東京から白馬に移り住んで 着物をリメイクしたり お花でお庭を

作ったり いろいろとご活躍のAさんのお宅へ お邪魔しました。

しばらく 帯状疱疹で 手仕事もストップしていましたが

私がお願いしちゃったものですから 病める体を押して 縫ってくださり

ついに お洋服ができたのです!

母のもので 古い羽織からリメイク。

断ち方も直線的で 柄とよく合ったモダンなデザイン。

DSC00776

もともと生地が 竹の模様の緑の部分と 黒い部分から成っていて

黒いのは 金糸交じりのメッシュと裏打ちの黒い布の2重。

その黒い生地が 目が詰まって 針がなかなか

刺さらずに苦労されたとか!

ショール部分にも柄が生かされて 本当に 着物だったとは

思えない 素敵なお洋服 さぞ 母も喜んでくれることでしょう。

玄関は バラが終わりかけ たくさんのクレマチスが 迎えてくれました。

手をかけられている お庭も バラをメインに イングリッシュガーデンで

遠くに白馬三山、絵になります。

Aさんのお裁縫の技術もさることながら この景色で お花を育てながら

研ぎ澄まされる感性が 素晴らしい、の一言で 感謝!感謝!です。

DSC00784