透明な花びらで有名なサンカヨウ

この花は サンカヨウ

漢字で 山荷葉 メギ科の多年草です。

中央に切れ込みがあり、縁がギザギザした大きな葉っぱを茂らせ、5~7月に白い花を咲かせます。

花の直径は2cmほどで、花びらは6枚ほど付いています。花は散りやすいことから、開花期であっても花を見ることがむずかしいらしいのです。

花後には、ブルーベリーのような甘い実を付け、食べることもできます。

栂池自然園へ行った時に ちょうど 沢山さいていました。

白馬五竜高山植物園では 時期が悪いのか ぼーーっとしてたのか

見たことがありませんでした。

ちょっと ふきのようなはっぱですが ふきよりやわらかい葉っぱです。

後で知ったのですが 白い花びらは 濡れると 透明になって ガラスのような花びらの

写真がとれるので ファンが多いんですって!

ちょうど 雨上がりだったので もしかしたら 透明な花もあったのかもしれません。

残ねーーんん!