佐渡 国分寺の薬師如来像

佐渡では 江戸時代に再建されたという真野地区の国分寺へ

案内していただきました。

仁王門を抜けるとまっすぐの参道 正面には茅葺きの古い瑠璃堂。

その裏の収蔵庫を特別に開けていただき  本尊の「薬師如来坐像」拝まさせていただきました。

平安時代前期の作らしく 少し痛みがありましたが ヒノキの一本造り。

どっしりとして 左手には薬壺。

頭の螺髪は ぐりぐりのブドウの粒のようでした。

現在は 重要文化財に指定されているそうですが 展覧会などでは

主役を務める 薬師如来像です。

案内していただいた 真楽寺 住職の息子さんが この参道で

結婚式をあげられたそうで それは それは 荘厳だったかと思われます。

ただ地方の こういった文化遺産を守っていくご苦労は 大変なものと

お察しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です