デービット アトキンソン氏の講演会

昨日 白馬でデービット アトキンソン氏の講演会がありました。

日本の観光を外国人観光客を取り込むことで 元気に行こうと

いうことを 以前より提言されていたイギリスの方です。

日本の生産人口は ますます減少の一途。

どうしようもない現実に 観光で頑張れ、それは アイデアと努力次第。

多くの人が関心を持って聞きに来ていました。

「おもてなし」では 人は来ません。

「おもてなし」というけど クレジットカードは 使えない、ATMはない、

7か国語表示はなし。。。

日本の観光の現状に 鋭い指摘です。

スキー時期だけではなくて 春~秋のグリーン期に外国の方に

いかに白馬に来ていただくか、、今の白馬の課題です、、、、

「デービット アトキンソン氏の講演会」への1件のフィードバック

  1. 亜熱帯気候化して久しい関東圏都市部の在住者は、避暑地を求めています。海外旅行を予定せず、人混みや交通混雑から無縁な環境で、家族団欒のチャンスを得たり、スポーツや読書三昧の夏休暇
    に、涼しさと静寂は欠かせません。
    また紅葉狩りも、有名な観光地は落ち着いて堪能できません。

    英気を養うプチ療養地、森林浴ツアー、趣味(絵画制作、作陶、彫刻など)に没頭できる公営アトリエ等があると嬉しいものです。

    登山者に有名な為、却って他の魅力ある観光資産が忘れられているのでは? アクセスの良さと避暑地、別荘地としてブランディングの余地は大きいと拝察します。

    涼風求めて三千里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です