雪の中の天体観測

毎年来ていただいている 中央大学附属中学、高等学校の

地学研究部の春合宿が 今年は4月になりました。

連日の雪!

それでも ちゃんと装備をして 野外の研究を

自分たちで考えながらこなしている姿は

未来への大きな期待を感じさせるものでした。

夜から朝にかけて 星の軌跡を動画に撮ったり

本格的な機材を使って 一生懸命です。

あまりに気温が低く あっという間にバッテリーが

なくなって 先生がコンビニへ走る連携も 素晴らしいです。

日頃できない 雪の中での観測 体験ができたことは

将来 絶対に役に立つでしょうね。

本当に こういう熱心な若者がたくさんいることは

素晴らしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です