日本一の木彫りの里 井波

日本一の木彫りの街 富山県 南砺市の井波地区へ

行ってきました。

そこの中心は なんといっても「瑞泉寺」

外塀のつつじの花がちょうど満開できれいでしたが

塀から中へ入って その古いですが 見事な木彫には 本当に

驚かされました。

1390年に建立された瑞泉寺ですが その後火災で焼失した際

再建のために京都本願寺の御用彫刻士・前川三四郎が井波に派遣され、4名の地元大工にその技を伝えたことが、

井波彫刻の始まりだそうです。

わずか4名の職人から始まった井波彫刻。

現在では、約200人の職人の工房が町の中心を貫く八日町通りを中心に軒を連ね、先人の技を次代に受け継いでいます。

のみの種類だけでも200を超えるのみを使い分ける技法。

大きな建物に施された 細かさに驚かされます。

また こういった古い文化は だんだんと消えて行ってしまうのに

今だ多くの工房が軒を連ねているのには 本当に驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です