ヒグラシ 激しく鳴いてます。

ヒグラシがカナカナ・・・・となんとも切なく鳴いています。

ヒグラシは 俳句では秋の季語

まだ 初夏でしかも梅雨が明けてないのに・・・・

夏の終わりに 物悲しく鳴くセミのイメージがありますが、梅雨の最中に羽化して

他のセミより早く鳴き始めるそうです。

オスの鳴き声は甲高く、「キキキキキ…」

日の入り後の薄明 しかも 雨・・・

外で聞くと 雨の音に負けないくらい キキキ・・・・激しく鳴いています!

気温が下がった時、または林内の暗いところでは日中でも鳴くらしいですが

やはり暗くなったころに 大合唱です!

感覚としては どうしても夏の終わりなんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です