おんべでお年玉

昨日は この地方に伝わる 「おんべ」でした。
昼間には 子供たちが 
「祝い米 祝い米 どっさり 祝い米~」と
唱えながら 各家家を回ります。
集めた寄付金を最後にお年玉としてもらえるから
みんな頑張って 回るのです。
夜は 藁や葦で組んだものに火をつけて 古いだるま お札などを
燃やして その煙をまとって 一年の無病息災などを
祈る火祭りのような儀式が行われます。
昨今は 外国人が増えた白馬ですから 集まる人も
外国人が半分以上で 一種の文化を知る観光の意味合いも
色濃いです。日本人には 古臭いなあと思われる風習も
外国人からすると 何もかもが 新鮮なようで
逆に盛り上がる事で 伝統の再認識になっています。
不思議なもんですね。