ベッドが消えた!

もう10年にもなる オーストラリアからの常連客さんは
なぜか和室が大好き。
しかも 普通にお布団を敷くのではなくて 
あるだけの敷布団を積み重ねて 「笑点」のごとく
高くして まるでベッドのように勝手に敷くのです。
もう こちらも慣れっこで そのグループが来た時だけ
先に 布団をベッドのように作ってあげます。
昨日 あまり慣れていない お掃除のスタッフにその部屋のお掃除をまかせました。
お昼過ぎに部屋に戻ったお客様
目を真ん丸にして フロントへ飛んできました。
「ベッズ ディスアピア―!!、ベッズ ディスアピアー!!」
朝まであったお部屋のベッドが全くなくなって 消えた!と
大騒ぎ。
押入れにお布団を出し入れすることを知らない彼らは 本当にベッドが消えたと思ったらしいのです。
「ディス イズ リアル ジャパニーズ ウェイ」
慣れないハウスキーパーが間違ったことを謝り
日本では押入れにお布団をしまうのだと話すと
すごく納得してくれました。
それにしても もともと大きなお目目なのに それを数倍に
見開いて すごく驚いていた様子を思い出したら 笑えて笑えてー
後で 皆で何度も 思い出し笑いをしてしまいました。
驚かせて ごめんねー。















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です