甘納豆のお赤飯

お祝い事でお赤飯を頂きました。

このあたりでは 小豆ではなくて 甘納豆で炊いたお赤飯をよく見かけます。

今回頂いたものも 甘納豆でした。

最初 甘い甘納豆のお赤飯を見たときに 衝撃を覚えたことを思い出しましたが

今では グルメ情報もたくさん行きかう世の中になり 逆に地方色豊かな文化

の一コマとして話が盛り上がります。

北海道では 甘納豆のお赤飯が普通と聞いています。

なんでも 小豆を煮る時間がないので すでに甘く煮てある うずら豆?

を混ぜて作ったのが最初とか。

小豆の煮汁のような赤い汁で炊いてないので もち米は 白いですが

場所によっては食紅を入れてもち米も赤くするようです。

お祝い事 お祭りなどで お赤飯をご近所に配る習慣も

とても日本の昔ながらの貴重な文化ですよね。