梅雨で 一句

DSC01213

アジサイが きれいです。

今日は 急に決まった 俳句の会があり 大慌てで参加してきました。

前回に続き 「梅雨」がテーマ

この前 出し切っちゃったから・・・・

そうそう 短時間で 梅雨の晴れ間の青空を見ながら 句が読めるほど

才能ありません。。。

DSC01217

こんなに アジサイが きれいなのに 「梅雨」と「アジサイ」が結びつかず

ぜんぜん さえない句を作って 今日は 撃沈!!

DSC01218

92歳のおおまま先生 は さずがに 言葉の技がすごいです。

今日は 4万6千日 という言葉を知りました。

しまんろくせんにち と読むそうです。

365日で割ってみると 126年くらいになります。

そのくらい 長い一生分 お参りのご利益があるのが 7月10日で
 
梅雨の季語だとか。

4まん6せん日 何をおいても 浅草寺にお参りにいったそうです。。。。

DSC01223

DSC01224

ストライダー、ペダル無自転車 ランバイク!

DSC01245

6歳までの子供さんの ペダルのない自転車 ストライダー

10年来のお客様の息子ちゃん 龍之介君は 昨年に続き

今年も 白馬47スキー場で行われる大会に これから出場!

DSC01243

昨年の大会でも あと一歩で優勝までいったのに 惜しい結果だったそうです。

ホテルの駐車場で ちょっと乗ってもらいました。

早い!早い!

足でこぐのですが すぐに勢いがつくので 駐車場から

はみ出て 落ちそうになるから ひやひや。

DSC01232

ホテル前の道は 坂道で 車が来た時に

ブレーキがない自転車ですから ちょっと こわい!

DSC01233

ひろーーい スペースだったら 安心ですね。

まだ 4歳の龍之介君は 100まで数えちゃうし 英語の勉強もしているし

自転車のコントロールも 見事なものです。

DSC01237

あれダメ!これダメ!言わずに 子供の能力を引き出すのは

見守る おおらかな気持ちですかね!

優勝するといいね!

DSC01252

ノリウツギとカシワバアジサイ

DSC01208

ホテルに庭は 連日の雨の中 知らぬ間に花が満開!

今年は 花の時期が 2週間くらい早いのと 花付が異常にいいのが

特徴で まあ うれしいことです!

DSC01209

ノリウツギも玄関前で たくさんの花をつけ 頭が垂れ下がって

アプローチを一部ふさぐため ひもで縛ったりしました。

雅子様がお好きだという白くて アジサイに似た清楚だけど大きいので目立つお花です。

DSC01210

こちらは カシワバアジサイ

例年より 花数も多く 大きさも一段と 大きいです。

ノリウツギにとても似ている花で 円錐状の花房ですが こちらは アジサイ科

秋には 葉が 真っ赤に紅葉します。

DSC01211

今年は本当に 花が大きい!

これは 花房 30cm以上ありますよ。

DSC01212

アプローチ きれいになりました!

DSC01203

ホテルのアプローチの工事が終わりました!

今まで 自然の石が並んでいたので 歩きにくく

また キャスターバッグのお客様は 引きずることができずに

ご迷惑をおかけしました。

階段こそ なくすことは できませんでしたが 段差を少なくして

4段ほどですが 楽に 上がれるようになりました!

DSC01200

冬に 除雪車が 通るため 煉瓦などの柔らかい素材は使えず

コンクリートか アスファルトで悩んだのですが コンクリートにして

正解でした!

以前から 大事にしていた 石を 階段の縁取りに使うこともでき

少し 高級感がでたかと・・・・

どうしても 勾配がある道路へ 変な向きでつなげなくてはならず 側溝もあることから

「あとは 業者さんに考えてもらおう!」になってましたけど きれいになりました!!

ヘリコプターツアー

DSC00976

カナダでの ハイライトは 何といっても ヘリコプターツアー

DSC00978

お天気に恵まれて 予約不要ということで 受付を訪ねると・・・・

あいてない!

ブラックコムの氷河のゲレンデ見学を先に済ませて

また お昼ごろに戻ると・・・・

「最低 3名以上で 飛行!」

2人で申し込んだので 乗れませんでした。

「ランチを食べたら また来てみるね、シーユー レイター!」

昼過ぎに ダメ元で 再度訪ねると

何と 会社のスタッフを のせて 飛んでくれるという!

感激!

DSC00982

「前の席にどうぞ!」と言われて 座った席は 前面ガラス

ヘリコプターなんて 初めてだし 前列のパイロットの隣に座れるとは

思ってもみなかったので 大興奮!

そして すぐに飛び立って 山の斜面を なでるように 青空の元 飛行して

切り立った尾根の向こうに 湖が見えたり

急に 首尾をあげて いたずらしたり・・・

ヘッドホン越しに 私たちのために 山や湖の説明もしてくれました。

逆に 「きゃーーー」という悲鳴も マイクを付けているので 丸聞こえ!!

DSC00984

手を伸ばせば すぐに 白い雲

すばらしい 初飛行

大感激の15分間は 忘れられません!

DSC00986

DSC00990

DSC00996

DSC01008

観光と自転車について 学ぶ

IMG_3473

カナダのウィスラーは スキーシーズン以外は いろいろな

アクティビティーが楽しめて 通年営業に成功している

数少ないリゾート地です。

IMG_3494

今回は 「自転車」でどのようにお客様を誘致しているのか、を見てくるのが最大の目的でした!

でも 自転車だけでも すごかったですが いろいろな楽しみ方の一つに過ぎないほど

たくさんのアクティビティーがあることを知り 本当にびっくりしました。

IMG_3489

あちらの会社の方の全面的なご協力で バイクで楽しむエリアを一部見学させていただきました。

「大事なのは 上級者向けのすごいコースを作るのではなくて

ファミリー 初心者にも 楽しめる いろいろなレベルのコースを作ること!」

IMG_3487

実際に ご家族連れが 多いので びっくりしました。

平日だというのに たくさんの人が いて 活気にあふれてました!

IMG_3486

マウンテンバイクなどは もちろん けがをしたり 事故があるそうですが

万全をつくしても 怖がっていては 何もできない。

IMG_3484

ホテル ショッピングゾーン と アクティビティーのできるところとは 

シンプルにつながっていて 規制部分は 車が入れないので 安心して歩けます。

計画されて考えられていますが やはり 現場の情熱が 一番だということが 伝わってきました!

IMG_3497

1日はカナダ、4日はアメリカ

DSC01130

本日7月4日は アメリカの独立記念日

7月1日は カナダのお誕生日、カナダデーでした。

研修で ちょうど その日に カナダに居られたことは

大変 貴重でした。

町が 祝日を前に にぎわって セールなどをやっていたこと。

DSC01193

カナダデーにちなんだ かわいいチョコレートも売られてました。

朝 TVで セレモニーを見ていると・・・・

ジャスティン大統領夫妻 と総督と呼ばれる方々が 兵隊の行進の後に

入場して 始まりました。

DSC01196

荘厳な雰囲気。カナダのお誕生日を祝う 喜び。

こちらは 英語のスピーチとフランス語のスピーチの両方をしないと

いけないお国柄。英語の時には フランス語の字幕とナレーションが入り

フランス語の時には 英語の字幕とナレーションが 入る、、、という 大変ユニークな

演説です。

DSC01198

一番 驚いたのは カナダの国歌の後 すぐに ヒップホップが

始まって 舞台の上で セクシーな衣装を着た女性が サーカスのように

高い空中ブランコ状態で 歌に合わせて 踊るのが アップで 放送されること。。

特別な女性なのかもしれませんが 朝の10時に 大統領と総督の前で いいの?という感じでした。

無知な私の感想でーす!

ウィスラーは すごいスキー場!

DSC00953

しばらく 日本を離れて カナダで研修、視察旅行に参加してました。

ウィスラーは 大きく2つの山からなり 両方の山のピークへ上がり

氷河のスキー場を見てきました。

DSC00956

想像を絶する広さ そして 混雑ぶり!!

また 観光の人と スキーヤー スノーボーダー 両方が

共存して ウィスラーを楽しんでいるのが 自然。

DSC00957

上からのぞく スキー場は 氷河の平原に 47スキー場のパーク

そして 飯森のスラロームコース・・・・すべて飲み込む広さで

キャンプに来ているグループもあり 大賑わい!

DSC00962

山の上に 別天地が広がって 本当に びっくりです!

春スキーといった 地味さはどこにもなくて 活気がありました。

DSC00950