九州から 飛行機が飛ばなくても!


九州から昨年に引き続き お客様が いらっしゃる予定でした・・・
「九州からのお客様の飛行機が 機体故障のため 飛ばなくなりました」
旅行社から 連絡が 入りました。
「このまま旅行を中止されるか 明日行かれるか または 新幹線とバスで
これから向かうのか 今 ご希望を伺ってます」とのこと。
結局 すでに お仲間が 車で ホテルにご到着でしたので
新幹線を乗りついで 夜10時近かったですが 何とか ご到着になりました!
バスの運転手さんが 一本違う道へお客様を下してしまった為
ただでさえ 災難でしたのに またまた雪道を 歩き回る・・・・という
災難のおまけつき!!(>_<) それでも 一年ぶりの再会に 手をとり 抱き合っての喜びぶり!! 2日目は もちろん 再会を祝しての乾杯!!
もともと 山で 知り合った お仲間さんが こうして 縁が続いて
毎年 スキーに来るようになったそうです。

もともと スキーのお仲間ならわかりますが みなさん スキーは 60過ぎに
始められたとか!
驚くほどお元気です!
そして はるばる 九州から こうして 飛行機が飛ばなくても
おでかけになるパワーは すごいです!
また 来年も お元気なお姿 見せてくださいね!!

オーストラリアに嫁いだ 美和さん!


昨年の秋 早々に この冬の予約を メールで頂いた
サオリー 美和様。
日本語のメールと 英語のメールと2件来て 日程も同じだし・・・
と思っていたら 美和様ご家族と ご兄弟のご家族の2件の
ご予約でした。
美和さんオーストラリアに 嫁がれて お子さんも4人!
総勢11名様、今回 初めて スキー旅行へ 日本に いらしたそうです。
お子様たちは バイリンガル。
日本語も とても 上手です!
みなさん 日本に とても 理解があって 日本が大好きで
喜んで頂けて とても よかったです。
お洗濯ものも お子様が多いと 大変ですが ドライは
お部屋で吊るしてくださったので助かりました。
ホテルの 洗濯と乾燥が 一度に オートマチックでできる
一体型の斜めドラム洗濯機が 大人気!
でも 1台しかないので 一人が ドライまで使うと 3時間半位
かかってしまいます。
それでも みなさん 口々に
「こんな素晴らしい洗濯機は 見たことがない!」とおっしゃいます。
美和さんも 同じようにおっしゃるので オーストラリアには
一対型というのは 本当に なくて 正に日本の
テクノロジーなんだな?と感じます。
ご兄弟 そして いとこちゃん同士 仲よく 日本で過ごせて
本当に 楽しそうでした。
ありがとうございました。
また 是非 お出かけくださいね。

香港からのリピーターさん!


外国のお客様 特に香港の方のお名前は難しくて・・・
チェックインの時に初めて 「あーーーっつ!」と
気づきました。
「わあ~! 昨年も来ていただいたよね!!」
お客様は わかってお越しくださいましたが こちらは 本当に
わかりませんでした。
ちょっと 感激!
昨年は はるばる 香港からスノーボードをしにいらしたのに
雨に降られて ずぶぬれに!
ウェアーから 手袋まで 滴るほど ビショビショになってしまって
一緒に かわかすのを お手伝いしました。
それでも スノーボードに行きたくて 湿ったウェアーで
また 雨の中 出かけて 風邪をひかないか すごく心配したRICKさん兄弟。
昨年同様 ホテルで しゃぶしゃぶを堪能。
「鮨勝」にも 足を運んで 夜遅くまで 楽しんでくださいました。
今年は お天気に恵まれ ウェアーは 大丈夫でしたが
もっと もっと スノーボードが 上手くなりたい!と
とても 意欲的です。
ご兄弟 仲良くて いいですね。
Thank you very much!
We hope you are getting good at snowboarding.
The sweets you gave us are very good,thank you!

わたしたちは ドイツ人でちゅ。


日本でお仕事をしている ドイツ人のご家族が ご滞在でした。
まあ ~ かわいいの なんの
お人形では ないか!と思われるぐらい かわいいのです!

お目目の大きさが 違いすぎます!
目が大きいということは 瞳も大きい!

お父様は 日本語が少し しゃべれます。
お母様は 日本語全然ダメです。
日本に暮らしていても お家の中で子育ての毎日だと
なかなか 日本語に触れる 機会がないのでしょうね?
英語は 通じますが 家族の会話は ドイツ語です。
でも この かわいいベビーちゃん達とは 身振り 手振り
笑顔と イナイイナイ バーでちゃんと 通じましたよ!!
夜は 「鮨勝」のこたつ席は 周りが カーペットで 他の席と
少し 離れているので とても よかったみたい!
かわいいわ~

久しぶりに30cmの新雪!


連日 氷点下の日々が続きます。
寒いのですが 「大雪注意報」が 北陸などで出ている間
白馬は 結局 そこそこ いいお天気が続いてました!
新潟 「大雪」 という日も ほとんど 新雪は ゼロ!
東京にも 雪が降るかも・・・・という日も 新雪 ゼロ!
暮れから 除雪らしい除雪は そういえば 1回あったかな?
と言う程度で ここのところ 本当に 降ってませんでした。
SAJ主催の「スキー大学」も無事終わり ちょっと一息かな?(*^。^*)
今朝は 久しぶり 30cm程の積雪で 何日かぶりに 深夜
村の除雪機が 道路の雪を かいてました。

朝も 村のの除雪が ホテル前の道を 除雪してくれたので
ちょっと きれいすぎて スケートリンクに近い 
カンカン 状態。
スタッドレスをはいた お客様の車も 勢いをつけないと
登りません!
「水道管が 凍った」
「下水が凍った・・・」
ご近所も いろいろ大変ですが やっぱり 雪がたくさん降っての
白馬です!

みそだる風呂 外国人に大人気!


みそ樽露天風呂の 貸切時間が 外国人に人気です!
オーストラリアから毎年 日本に来ているMattew 夫妻も
大のお気に入りで 2回も 貸切をして楽しんでくれました。
Mattewは 20年程前に 野沢温泉へ 滞在していたことがあり
日本語がとても上手。
軽快なおしゃべり、明るくて 社交的な人柄ですが
実は 植物を育てる大規模ナーサリーの社長さん、実業家です。
仕事も大好き 日本も大好き !
ステラベラをとても気に入ってくれて いろいろ褒めてくれました。
この美人な奥さま、実は フォトグラファー 写真家です。
PCに とてもきれいな 芸術的な写真が 一杯 入ってました。
羽織の色が Mattewが 男性なのに赤、奥さまが青
「オトコイロ オンナイロ ハンタイ ネ」

と 面白い事を言って 写真におさまってくれました。
また 来年 来てくれるそうです。
See you next year!
A RI GA TO U !!

バスに乗り遅れたロバート!


もう2日経ってしまいましたが 18泊して頂いた
オーストラリアからのチャンさんご家族が いよいよご出発でした。
ナタリーは まだ7歳。
16歳のお兄ちゃんのロバートは オーストラリアのテニスカップ観戦のため
3日早く帰国しました。
そのロバートが帰る際 周到に 乗り換えのない成田までの
直行バスを予約して オンライン予約では 心配なので
電話で 予約の確認まで それは それは お手伝いして
念を押して バスのチケットに間違いがないか 確認しました。
ロバートが帰る晩は 「鮨勝」でフェアウェルパーティーをして
スペシャルデザートで 別れをおしみました。

そして いよいよ一人で 先にロバートが帰る時 お父さんも一緒に
ホテルのシャトルバスに乗って バス停へ 送りに行きました。
・・・・・すべて 完璧!抜け目ないはずでした・・・・
「ロバート ミス ダ バス!!」\(◎o◎)/!
何故か ロバートは バスに乗れず 結局タクシーで長野駅に出て
新幹線で 東京 そして 成田から 予定の飛行機に乗れたのですが・・・
「ホワイ??」
こちらも なにが なんだか わかりませんでしたが
調べると・・・・
白馬から出ている 成田の直行バスは 2社あって
ひとつは 乗り場が 「ゴリュウ カミシロ」となっていて
神城駅に停まり
もうひとつロバートの予約した会社で 「ハクバゴリュウ」となっていて
国道のいつものバス停でした。
その日 丁度 「ゴリュウ カミシロ」が 白馬五竜バス停ではなく
神城駅だという 情報が入り そちらへお送りするお客様が あったので
ロバートも ついそちらだと思って 神城駅へ 降ろしてしまったのです。
ロバート 災難でした。。。
でも 白馬での日々が 忘れられないと言ってもらえました。
ナタリーも 帰り際に涙 涙。。
そして なんといっても お父様のチャンさんには 本当に
何から 何まで いろいろと良くして頂きました。
ありがとうございます。
Thank you very much for staying with us!
We are happy to meeting you.
See you next winter!!

全日本スキー連盟 スキー大学 開催中。


昨年に引き続き SAJの大イベント 「スキー大学」が
今 白馬五竜で開かれています。
ナショナルデモ SAJデモの方々から レッスンを受けるのは
全国各地で インストラクターをしている方など ほとんどが
プロの方です。
350人程の参加者がいるそうで 大変人気のある講習。
ステラベラは SAJ役員さんや デモの方を受け入れる 本部宿舎。
初日は 歓迎の意を込めての 地元実行委員会との交流会が
ステラベラでありました。
「かんぱ~い」

2日目は 参加者も講師陣も 一同 会しての パーティーがエスカルプラザであり 
全員そちらで お夕食兼 飲み会?でした。
若い人の多い スノーボードの派手さとは相反して 純粋なスキーとなると
少し 昔の 堅苦しい「ザ スキー」のイメージが 甦ります。
スキーの大好きな人は 道具も大事にされ 時間も守り
じっくりと他の人の 技術を 見極めます。
アスリート、という雰囲気 満々です!
でも こういうイベントに こんなに多くの方が
3日間又は4日間も 時間を作って参加されるのは すごい事ですね。
スキー人気 健在です!

トーマス君の温泉ツアー


長期ご滞在頂いた トーマス君ご家族が
今朝 オーストラリアへ 戻られました。
トーマス君 とパパ とママ は 野沢温泉でスキーをしてから
白馬入り。
白馬五竜のバス停で 降りてから どうやって ホテルへ 行ったらよい
かわからず 近くのお店で 尋ねたら・・・
道順を教えてくれて なんと 歩く羽目に・・・・
普通は お迎えに車で向かうんですけどね。
丁度 Geoffreyパパは 肘を痛めて ただでさえ 荷物を持つのは
大変な状況 の中 大きな大きな トランクを引きづって
20分ほど 山道を歩いて へとへと状態でのチェックインでした。
あまりに お気の毒だったので 社長が 翌日 肘を痛めて スキーは お休みとのこと、
大町の温泉へ ドライブに誘いました。
トーマス君も大喜び!
大町の葛温泉は 雪の中に 猿がいっぱいいて おまけに カモシカも
見れて お手軽 スノーモンキーツアーができるのです。
奥さまの 温泉に お猿に すごく喜んでくださいました。
そんな 特別な お客様が お帰りになると とても 寂しいです。
でも ひとつ ひとつ 感謝の言葉をかけてくださり とても
嬉しかったです。
We are happy having seen your smile.
Thank you very much.
See you soon!
 

雪中 おけ取り物語!


男のお風呂の どうも 手桶が1つ 減っている・・・・
手桶 つまり プラスティックの洗面器ですが カランの数分ないと
気になります。
たまたま 屋根からツル下がった ツララを 窓から身を乗り出して
落としていた スタッフOさん。
「ん?」
真下を見ると 丁度 お風呂場の外の雪の中に 桶が・・・・
実は お風呂は 地下一階で その前が ドライエリアで
深く掘られた作りになっています。
夏は 簡単に降りられるのですが 冬は お風呂の窓からしか
出れません。
お風呂の窓は 浴槽の奥にあり さらに 雪で ガラスが割れないように
横板が 外側を覆っています。
Oさん は はだしになって ズボンの裾をめくり お風呂場の浴槽のへりにのり 
窓を開けて・・・・
横板を 何枚かはずし・・・・・
横板をまたいで 冷たい雪の中 外へ出て 無事 桶を拾ったそうです!
浴槽のヘリの温かさと 外の雪に 裸足で歩く 冷たさと
「ヒエーーーッ」と言う心境と 窓をまたぐ時 滑ったら 大けがか
お風呂に落ちるかの スリルとで ドキドキだったそうです。
いや~ 大変!でも 見たかった~(;一_一)
「なんで そんな おもしろい事を する時に 呼んでくれなかったの?」
「O君 雪中 おけ取り物語!」
「絶対 おもしろい写真が 撮れたのに!!」
次に 面白い事するときは 絶対 呼んでね~!(*^。^*)